スピーチ・コミュニケーション協会とは 日本人に「話すチカラ」を!

話し下手、引っ込み思案、ロジカルな話が苦手・・日本人の8割以上にみられる「スピーチ・コンプレックス」を解消し、グローバル化する社会で活躍し、円満な人間関係を築くためのスキルを習得して頂くこと。それが、スピーチ・コミュニケーション協会の使命です。

こんな悩みを解消します
  • 1 話し方そのもに自信がない
  • 2 コミュニケーションに
    自信がない
  • 3 ビジネスの話し方に
    自信がない

スピーチ向上で悩みが強みになる

スピーチ力、すなわち「話す力」は、自分の考えていることを相手に伝えるツールです。話し方のせいで、自分の考えを上手く相手に伝えられなければ、自分の能力や魅力をわかってもらう事は出来ません。また、相手の話を「聴く力」も同様に重要です。コミュニケーションは共感が大切です。相手の話を受け入れ、感動を伝える「傾聴」は、人間関係を円滑にしてくれます。

なぜ、スピーチ力が必要なのか

スピーチ力、すなわち「話す力」は、自分の内面を相手に伝えるツールです。どんなに能力があっても、性格が魅力的でも、話す力がなければ、あなたの良さを相手に十分伝えることができません。
また、人前で話す事に恐怖感を抱くあまり、せっかく与えられたPRの機会を避けてしまう人が多くいます。話し方のスキルを身につけ、自信を持つことで、あなたの成功の可能性が広がります。

グローバル化する社会で必須のスキル

「国際会議で2つ難しい事がある。」
1つは「インド人を黙らせる事」もう1つは「日本人を喋らせること」という言葉があるように、日本人の「あうんの呼吸」をベースにしたコミュニケーションはグローバル化した社会では通用しません。
これから先の日本では、海外で仕事をする機会だけではなく、日常生活で、すぐ隣に文化も言葉も違う外国人が住んでいる事が珍しくなくなります。
そのような時代に、「誰とでも、すぐに、適格に」伝える力は必須のスキルです。

スピーチ力の向上は様々な場面で強みになります。

スピーチ力、すなわち伝える力が身につけば、仕事だけでなく、人間関係も円滑になります。今まで、人前で話すことに苦手意識があり、スピーチの場を避けて来た人は、話し方に自信がつくことにより「1歩前に出る」事ができるようになり、新たな活躍の場や可能性が広がります。

スピーチ
朝礼や小さな集まりでの挨拶などとっさのスピーチが怖くなくなり、緊張せず堂々とこなせるようになります。
社内会議
社内で自分の意見をしっかりと発言できるようになります。論理的で意志の伝わる報告ができるようになります。
プレゼンテーション
商品やサービスの魅力を十分に伝えられるようになります。プレゼンの質が向上します。
商談
顧客への説明、コミュニケーションの取り方が上手になり、信頼関係構築がスムーズになります。
初対面の会話
第一印象が向上し、自分の思っていることをスムーズに相手に伝えることが出来るようになります。
人間関係
相手に与える印象をコントロールできるようになることで、相互に心地よいコミュニケーションをとることが出来るようになります。
公式行事でのスピーチ
結婚式や行事でのスピーチを任されても、プレッシャーを感じることなく、堂々と役割をこなすことができるようになります

様々な方に、賛同いただいております

新生インベストメント&ファイナンス株式会社 代表取締役社長 大野禎之 様 効果がわかり、すぐに役立つセミナーです。

自分の話し方を客観的に観ながら指導を受けられるので、直すべき点が分かり易く、改善後の効果も大きいです。口の動かし方から声の出し方、目線をどこに置くか等の技術的な部分や、ロジカルに伝えるためのスピーチのまとめ方まで、非常に内容が充実し、すぐに役立つセミナーでした。

Sky株式会社 代表取締役社長 大浦淳司 様 業績の向上、プレゼン、商談などで効果を実感

講師の皆様には、いつも的確なご指導をいただき、本当にありがとうございます。元来、スピーチは得意な方ではなかったのですが、受講させていただく中で、発声などの基本的な部分からスピーチ時のテクニカルな部分まで、大変勉強になっております。
また、現在では弊社の社員対象にも研修を実施いただいており、プレゼンテーションや商談などの様々な場面で効果が出てきております。そしてその結果、業績の向上にも繋がっております。

株式会社リコー CIP開発本部 本部長 森田哲也 様 スピーチ・コミュニケーションは、心と心をつなぐための必須ツール!

私たちは社会人として企業人として、1対1~1対多人数とのコミュニケーションがいかに大切なものかを知っています。私たちは日々の暮らしの中でも、心から伝えたい事が大切な人たちに上手に伝わらないことも知っています。私たちはまた、EメールやSNSで書き込まれた”文字列”が時に本意を超えて炎上することも知っています。では、どうすればよいのでしょう?

誰にでも分かりやすいロジカルな考え方と、情緒を伝える豊かな表情・発声などの話し方。この2つが必須ツールです。皆さんもスピーチ・マスターを目指して、心と心のコミュニケーションツールを磨きましょう!

株式会社サイバー・バズ 代表取締役社長 高村 彰典 様 原点に戻るという意味で話し方講座を受講されるといいと思います。

スピーチは自分で経験して慣れていくしかないと思っていましたが、話し方講座に通ってみて、思ってた以上に早口であったり、強弱なく話してしていること、そして伝えたことが案外伝わっていない、などをまざまざと実感させられました。

そして通い続けることで聞いてくれている人達になにをどう伝えるべきか、どうしたら伝わるのかをレッスンすることができたと思います。優秀な経営者・ビジネスマンの方でも相手に伝えるということは頭でわかっていても案外難しいものかもしれません。一度原点に戻るという意味でも話し方講座を受講されるといいと思います。

トレンドマイクロ株式会社 取締役副社長 大三川 彰彦 様 積極的な姿勢の確立とコミュニケーション活性化に大きな効果が出ています。

相手に伝えるということはビジネスにおいて大きな役割を担っています。
多くの方に、気づき・考え・行動を促せる力、それこそがスピーチの持つ大きな力だと確信しています。
その為に論理的手法を伴うスピーチレッスンは重要な意味を持ち、多様な文化を持つ、グローバルへの対応力も身に付ける事ができます。
グローバル企業の当社でも社員教育に取り入れ積極的な姿勢の確立とコミュニケーション活性化に大きな効果が出ています。

品川美容外科 院長 秦 真治 様 話し方を変えれば、人生も変わります

話し方を変えれば、人生も変わります。
私は、美容外科のドクターをしています。今まで、自分の説明で、患者様はご納得されて治療を受けていらっしゃるとたかをくくっていました。
しかし、説明したことを、理解できない方や、内容をあまり覚えておられない方などが、どうしても少数ですが、おられました。これは、その方の理解力や記憶力の問題なのだと、責任転嫁していたのです。実際は、まるで、逆でした。相手に理解しやすく、内容をまとめることや、まず始めに結論からしっかりと伝えるという基本中の基本が、出来ていなかったのです。また、一番覚えていて欲しいことは、一呼吸置いて、すっくりとしかも、身ぶり手ぶりを加え、声のトーンも、少し高くして、強調しなくては、ならないのです。
こんなこと、大学まで出たのに、ただの一度たりともきいたことがありませんでした。正に、目からウロコです。講習を受けて、患者様だけでなく、職員からも、先生と話しやすくなったといわれ、進んで声をかけてくれるようになったんです。まさか、こんなことになるとは夢にも思いませんでした。毎日が、とても楽しいです。生まれ変わった気持ちです。そして、講師の先生に、教わったとおり、一日中口角を上げ、笑顔を絶やさず、朝から元気100倍で、診療しています。keesさん本当にありがとうございました!

様々な企業でVLPメソッドが取り入れられています

※スピーチ・コミュニケーション協会が研修を委託する株式会社KEE’Sでの研修実績となります。

VLPメソッドは、短時間で話し方を大きく改善するための手法を体系化したもので、既に500社、30,000人以上が受講しており、コミュニケーション力、プレゼンテーション力の向上を実現している実績のある手法です。

通信・サービス・メディア

  • 日本IBM株式会社
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • ソフトバンク株式会社
  • NTTコミュニケーションズ株式会社
  • 株式会社NTTドコモ
  • トレンドマイクロ株式会社
  • リコーITソリューションズ株式会社
  • GMOクラウド株式会社
  • シスコシステムズ合同会社
  • 日本ビジネスシステムズ株式会社
  • 株式会社大塚商会
  • 日立インターメディックス株式会社
  • 株式会社パソナ
  • Sky株式会社
  • 株式会社ダイビス
  • 株式会社PIM
  • 株式会社デジタル・コミュニケーションズ
  • 株式会社シーナッツ
  • 株式会社グローバルメディアソリューションズ
  • 株式会社CCCコミュニケーションズ
  • レカムホールディングス株式会社
  • アビームコンサルティング株式会社
  • 株式会社クロスキャット
  • 株式会社トップパートナーズ

金融・保険・不動産

  • 株式会社三菱東京UFJ銀行
  • 株式会社ゆうちょ銀行
  • 野村證券株式会社
  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • プルデンシャル生命保険株式会社
  • ソニー生命保険株式会社
  • ひまわり証券株式会社
  • レオパレス21株式会社
  • 株式会社ダイニチ
  • コンソナント・インベストメント・マネジメント株式会社
  • 株式会社レンテック大敬

電機メーカー

  • 株式会社リコー
  • 日本電気株式会社

食品・医療・衣料・鉱業・ガス

  • 東京ガス株式会社
  • テルモ株式会社
  • 東洋興業株式会社
  • カゴメ株式会社
  • アサヒビール株式会社
  • 株式会社マ・メール
  • 新日鉄住金株式会社
  • ユニ・チャーム株式会社
  • 森永製菓株式会社
  • アッヴィ合同会社/li>

学校・教育サービス・官公庁

  • NTTラーニング株式会社
  • リコー・ヒューマン・クリエイツ株式会社
  • NECマネージメントパートナー株式会社
  • 株式会社コクヨ
  • アサヒビール株式会社
  • 東京法科学院
  • 株式会社ハレックス
  • 横浜・新潟地方検察庁
  • 東京学芸大学附属竹早小学校

スピーチ・コミュニケーション力 向上させるVLPメソッド

多くのビジネスパーソンに行っているオリジナルプログラム「VLPメソッド」をベースに、発声・発音・構成・緊張対策・クセの改善などをロープレ中心で改善します。

よくある質問

受講方法を教えてください。

お仕事や通学の妨げになることなく、スムーズにご受講、ご受験をしていただけるよう、様々な受講法をお選びいただけます。Skypeでのマンツーマンレッスンもございますので、全国からご受講いただけます。

各コースを修了後には、どのような可能性があるのでしょうか。

スピーチ力、すなわち伝える力が身につけば、仕事だけでなく、人間関係も円滑になります。今まで、人前で話すことに苦手意識があり、スピーチの場を避けて来た人は、話し方に自信がつくことにより「1歩前に出る」事ができるようになり、新たな活躍の場や可能性が広がります。

検定の合格証書は発行してもらえますか。

初・中・上級各コースの証書を授与致します。

各講座に関するお申し込み・お問い合わせ

各講座に関するご質問・ご相談等、お気軽にご連絡ください。